西日暮里の日本語学校「IECC日本語学校」。国際文化の交流と人材育成に強い温かい雰囲気の歴史ある日本語学校です。
FAQ

よくあるご質問

経費支弁者にはどのような人がなることができますか?

経費支弁者にはどのような人がなることができますか?
目次
国際文化の交流と人材育成に強い歴史ある西日暮里の日本語学校IECC日本
国際文化の交流と人材育成に強い歴史ある西日暮里の日本語学校IEC国際文化の交流と人材育成に強い歴史ある西日暮里の日本語学校IEC国際文化の交流と人材育成に強い歴史ある西日暮里の日本語学校IEC国際文化の交流と人材育成に強い歴史ある西日暮里の日本語学校IEC

経費支弁者とは、本校に在学中の期間、学費や生活費を責任持って直接支払う人をいいます。長期の日本滞在の間には、多額の留学費用が必要であるため、経費支弁者は、学習者の両親、あるいはそれに代ることができる親族(3親等以内)などの保護者であるのが一般的であると言えます。また、将来返済を前提とした留学費用の貸与も認められませんので、単なる知人や友人などは通常経費支弁者とは認められません。ただし、在職する会社等が本人を語学研修に派遣するような場合は、認められる場合があります。なお、自分で費用を払う人は記入の必要はありません。

国際文化の交流と人材育成に強い、歴史ある西日暮里の日本語学校。多文化の共生力を高め、国際社会の発展へ。

IECC日本語学校は、国際文化の交流と人材育成の為に、1984年に設立されました。人々の夢の実現や、お互いの国の異なる価値観や文化などの共有、理解し合える多文化の共生力の育成、これらを通じて国際社会の発展に貢献できるように精進しておりました。その後2012年に新しい経営組織のもと再編成されて現在に至っておりますが、設立以来の信念を今でも継承したまま、蓄積された豊富な専門知識と経験をもとに、多様性・柔軟性を高め合う教育活動をしております。